全てのレビュー

Based on 341 reviews
93%
(318)
7%
(23)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
STUDY 1
匿名
オーディオブックに最適

本を読む時間がないとき作業中にオーディオブックを聞くことが増えたが、人の声に最適化された本機は耳に心地よい響きで聞き疲れしにくい音ながら、リアルにはっきりとした声を聞き取る事ができます。
時に環境音が鳴ったりするときも立体感があってリアルに感じます。安価で使い勝手もいいので気軽に使えます。

COTSUBU / ag
匿名
初めてのワイヤレスイヤホン

デザインが可愛く、ずっと欲しくてやっと買ったはじめてのワイヤレスイヤホンです。
持ち運びやすい大きさで、音も良く、本当に買ってよかったなと思います。
プレゼントにも良いなあと思います。

A4000
匿名
finalって最高

初めてのfinalの有線イヤホンがE3000でした。E3000が良かったので、今回 A 4000を購入しました。E3000も、 A 4000も音質が良くて買って良かったと言えるイヤホンです。finalさん最高です。ありがとうございます。

毎日愛用

asmrの動画をほぼ毎日見ているため、より気軽に見られるように本製品を購入。結果大満足です。
バッテリの持ちもよく、毎日使用してもあまり充電には悩まされません。
音が近く聞こえる感じで、通常のリスニングでもよい低温を聞かせてくれると感じます。もちろん、asmrの没入感は最高です。

E5000
匿名
ひろーくあたたかーく包み込まれる

第一に、感動しました。
2018年のイヤホンとは到底思えません。
名機と呼ばれる理由がよく分かりました。
音場が広いです。音の芯、そしてそれが纏う空気感含めて広く響きます。
包み込まれる感覚があって、とても暖かいです。
高音域は綺麗で決して刺さらず、気持ちよく突き抜けていきます。
中音域は濃密に響きます。
低音域は暖かく上質で、これもまた気持ちよく抜けていきます。下へ下へ響く重低音というよりかは辺り一面に広がり響く低音です。
これはfinalさんのイヤホン全てに共通する特徴ですが、音一つ一つに抵抗がなく、スルスルサラサラと流れ行くように響きます。
finalさんのイヤホンは音が出る機械というよりか、自分の脳内、そして頭の周りに音楽の空間を作り出す機械といった印象があります。それ故に唯一無二の没入感があります。
音の距離感が感じられる音源との相性が抜群ですが、そうでない音源でも非常に心地良く、オールラウンドに使えると思います。
とはいえ、音の近い音源を聞く目的ならば、b1、b3、e4000など、他にも選択肢があるようにも思います。

E4000
匿名
個人的にはAシリーズよりもおすすめ。

低音・中音が心地よく、高音はうざくない程度にキラキラと、背後から盛り上げてくる構図になると思います。
低音は頭の中心で、中•高音は左右上下へと広がる感じで作られてるので、音場も広いと言えます(低音ガンガンみたいな曲をメインで聴く方は違う印象を持たれるかもしれません。)。
端的に言えば最高です。参考程度に、e4000のポテンシャルを最も引き出している曲は
♪恋になりたいaquarium だと思います。

低・中音が特によく、相対的に高音が…と思う方は、シルバーコートケーブルへのリケーブルを試すパターンが多いと思います。その前に一つ、試していただきたいことがあります。
他所のレビューで見かけたのですが、耳掛けして、音を逃す穴を上向きにしてもらうと、高音の抜けが良くなり、イマイチ感が改善される可能性があります。
私も高音をもう少しと思い、色々リケーブルを試しましたが、純正が一番良いかなという結論になりました。断線したとしても、私は銅線を買うと思います。

デフォルトが最強。そういった意味では、お金がかからない最強の選択肢でしょう。
1万5000円くらいでこちらを買い、2万円くらいでスマホにつけるタイプのdacを買う。高級ワイヤレスイヤホンが3万~4万円くらいの価格ですから、同じくらいの負担額で、是非こちらの選択肢も考えてみてはどうでしょうか。

最後に。e4000、e5000共に品切れが多くなってきたように感じます。Aシリーズが大人気なのは知っていますが、ぜひ終売にはせず、こちらも末永くアピールし続けて頂きたいと願っています。某有名メーカーの215のように、10年近く愛されるベストセラーになるポテンシャルはあると思っています。本当に。

TWS04K
匿名
長時間再生が魅力のパワフルなイヤホン

レビューの良さに惹かれて購入したイヤホンですが、他の方のレビュー通りの名機だと思います。
パワフルな鳴りのイヤホンで、ノイズキャンセリング等はないですが、密着度が良いため遮音性も良いです。
パワフルな中にも高音はクリアで聞き疲れもありません。
何より、電池の持ちが最高で、頻繁に充電することがないので、鞄等に入れておけば安心なイヤホンです。
使い勝手が良いため、毎日愛用しています。

B2
匿名
ボーカルが近く、装着感の良いイヤホン

ボーカルが近く、ボーカルの声を中心に聞きたい時に、とても良いパフォーマンスを発揮するイヤホンです。
シングルBAですが、低域から高域まで、バランス聞かせると思います。
低域も意外にしっかり出ている
多少の重さは感じるけど、装着感は抜群です。
長時間聞いても聞き疲れもなく、愛用のイヤホンになりました。

A3000
匿名
スルメ型イヤホン♪

開封直後の出音はA4000と比較すると割と地味ですが、鳴らせば鳴らすほど、聴けば聴くほど、良さが分かる「クセになる」イヤホンです。
正にタイトルの通り、スルメの様です。

A4000と値段の差はありますが、その差は優劣というよりはチューニングの好みの違いといったところで、個人的には気分をぶち上げたいときはA4000、長時間、じっくりと音楽に浸かって鑑賞したいときはA3000という様に使い分けするのがオススメです。
リケーブルをして味変を愉しむのもいいですね。

最初こそ、地味な印象を受けたものの、聴き込むほど、良さが分かるクセになるイヤホンです。

良い買い物になりました。

エヴァ好きなら買うべき

デザインはシンプルながらエヴァの良さを感じられとてもカッコよかった、音質は普通のイヤホンでは聞き分けずらい音も感じられ音楽を聴くのに向いていると感じた。

ZE3000
匿名
ファイナル初購入

正直音の良し悪しに自信はないが、こまかく聞き取れる感じはし、手持ちのSony有線イヤホンと比べても遜色ないように感じる。
はじめてのfinal製品、はじめてのワイヤレスイヤホンだったが満足。

E2000/E2000C
匿名
良いです

とても聴きやすいと思います。
イヤホンや音響機器には全く詳しくないので比較したりはできないけど自分には合っていました。

イヤーピースをこちらのクリアのワイヤレスに交換して使用しています。

COTSUBU / ag
匿名
普段使いにぴったり

福袋(こつぶくろ)で当たりました。
このイヤホンの良いところはなんと言っても軽くて着け心地が良いところだと思います。長時間つけていても特に気にならず、通勤通学での普段使いに適していると思います。
COTUBU for ASMRを先に聴いた私からすると、こちらのほうが低域の響きがしっかりしていると感じました。かといって他の音域の音の邪魔をするわけでもなく、どの音域も満遍なくはっきりと聞こえます。COTUBU for ASMRとの聴き比べも新しい発見があって面白いです。
コスパもよく、初めてワイヤレスイヤホンを買う人にもオススメです。

E3000/E3000C
匿名
癖がなく綺麗な音質

福袋(こつぶくろ)で当たりました。
音質はいい意味で癖がなくとても綺麗です。どの音域も明瞭で、聞き疲れしない聞きやすい音質です。音楽を聴くも良し、ASMRを聴くも良し。どんな場面でも使えるのがこのE3000だと思います。
コスパに優れ長く使えるイヤホンなので買って間違いはないと思います。

WHP01K
匿名
いい

E3000を使ってましたが、かなり使いやすかったので、そのまま似たような音質であろうワイヤレスヘッドホンを購入しました。
予想以上に使いやすい物でした。

製品だけでなくサポートも充実

製品の質については既存レビューにて語られている通り高品質なものです。
購入したのは発売されて間もないころなので半年以上前ですが、一般使用時に
発生した破損についてSNS投稿したところ、メーカー様から修理交換の案内を
頂きました。
正直、製品のレベルや質に比べ価格が安いなと思っていたので、サポートは
購入時からあまり期待していませんでした。
製品はもちろんですが、メーカーとしてもかなり信頼できるなと感じました。

FPSゲームやASMRに最適

FPSゲーム(特にバトロワ系)のような周囲の環境音を聴きながら進めていくものに最適です。一つ一つの音がはっきりしているので、前後左右360゜どの方向から音がしたのか聞き分けやすいです。
またASMRのようなバイノーラルの音声作品を聴くのにも適しています。音の広がりが大きく指向性もはっきりしているため、作品への没入感がしっかりと味わえます。
特殊な形の筐体なので好き嫌いが分かれるかもしれませんが、私個人としてはフィット感があり、しっかりと密着・密閉されることで音に集中することができると感じました。

音響の広がりがすごい

FPSで使用していました。
音の広がりが他のイヤホンに比べて感じやすく、方向なども分かりやすいです。
音の広がりを例えるなら、他のイヤホンは学校の教室2つ分程度の広さ、VR3000は体育館の広さで音を聞いているような感じ方です。

「使用していました」と過去形なのは…
カドのある本体でつけ心地が微妙であること、また俗に言う「SHURE掛け」がメガネ使用者には使いづらく感じました。
あの形が音響空間に影響があるのならいいのですが、E500のようなシンプルな形もバリエーションとして欲しいです。

それとゲームでボイスチャットを使う上で、改善したとされているマイクはやはり微妙です。
またマイクをつけるのであればスライドスイッチによるミュートのON/OFF切り替えとボリューム調整がないのはやはり不便です。
他メーカーで申し訳ないですが「JBL QUANTUM50」のようにコントローラは左右分岐の位置、マイクは単体が理想です。

今はコンデンサマイクを使っているので、E500のようにマイクなしで、FPSゲーム向きなVR3000の音の解像度やクリアさが強化されたらまた購入します!

A4000
匿名
良い意味での「普通」

低価格から1万円オーバーのイヤホンにランクアップする際に何よりも変わるのは、単純な低音の重さや高音の綺麗さのようなものではなく「空間表現」だと思っています。適当に並べられてガチャガチャ鳴っていたものがどこ何があってどのように演奏・歌っているのかが鮮明になっていく感覚。
である中で、15000円でこれほどの「正解」を提示できるのはとても驚異的。令和のスタンダード。
初めて高いイヤホンを買ってみたいと思っている人はまずこれを聴いてみることをオススメします。ここで満足してもいいですし、もっと低音がズンズン鳴っている方がいい!とかBA型の圧倒的な解像度を味わいたい!などを感じたら目標に合う別のイヤホンを探すのが良いです。全ての基準となる圧倒的な「普通」がA4000です。

E2000/E2000C
匿名
あたたかくて心地いい

GO bar、ZEN signatureを挟んで聴いた感想です。
ウォーム系です。クールな音を期待されている方は、別のイヤホンをお選びください。あたたかくやわらかく、刺さることもないので、ゆったりと聴けます。全く疲れません。遮音性は低いので、お家でまったりと、チルタイムに聴くのがベストではないでしょうか。
お試しで買ってみましたが、あまりの良さに驚きました。

ZE2000
匿名
今、TWSで最もオススメできるイヤホン!

1万円〜2万円台のワイヤレスイヤホンをよく買いますが、その中でもダントツで音が良いと感じました!
ze3000も聞いたことはありますがze3000よりもサッパリした音で低音もより明瞭感があります。全体的にはバランスよく鳴らしていて大抵のジャンルの曲は合うのではないでしょうか。
装着感もよく遮音性も申し分無いと感じました。
おそらく大半の2万円台のワイヤレスイヤホンよりも音質は良いと言えるのではないでしょうか。満足度はかなり高いと感じました。

E500
匿名
素晴らしいコスパ

ゲームや通話などでの普段使いのイヤホンを紛失してしまい、中継ぎということで安いこちらを購入しました。
ASMRやゲームでの利用にも十二分に応えてくれる性能で、大変満足しています。
左右が若干分かりにくいですが、それ以外特に不満な所はありません。値段以上のパフォーマンスをしてくれていると思います。

COTSUBU / ag
ミズキ
使いやすいです

使いやすく、開けるだけで繋がるのでとても便利です。
また、頻繁に充電をする必要もなかったり片耳のみで使えたりとメリットがたくさんあります。
しかし、反応が良すぎるのが唯一のデメリットだと思います。イヤホンに少し当たっただけでも音楽が停止されてしまうのでその点のみがデメリットだと感じます。

空間表現最高

人生初のワイヤレスイヤホンがこのCOTUBU for ASMRでした。毎日ASMRを聴く自分としては納得の一品でした。ASMR用なだけあって音がとても繊細で、空間表現に富んでいます。息遣いや衣擦れ音など上下左右360°距離感をはっきりと感じ取ることができます。寝ホンに最適です。もちろん音楽鑑賞用としても非常に優秀です。
何かと話題になっている耐久性の面ですが、昨年11月に購入してから約10ヶ月一度も故障などの不具合はなく、今でも毎日のように使用しています。

E2000/E2000C
匿名
軽快な万能機

E3000と合わせたくてシルバーを購入しました。円柱ハウジングの光沢の違いが楽しくて、良い選択をしたと思います。
軽快でメリハリがありつつ、暖かみがあり中低域に少し重心が寄っているので、元気系ながら長く聴き続けられる出音です。E3000と比較すると低音の締まりが良く、高音もスッキリしているので気軽にオールジャンル聴ける万能機です。ボーカルがより近く、出音のバランスから男性ボーカルが映えます。
ウォームな元気系という組み合わせが好きでこの機種で聴きたいアルバムも見つけたので、これからも活用していきたいです。