MAKEに関するFAQ

MAKEシリーズについて

Q1:Makuakeで目標金額を達成しましたが、今後商品化しますか?

A: 多くのご支援をいただき、ありがとうございました。MAKE1、MAKE2、MAKE3共に、年内の商品化を予定しております。また、Makeシリーズをベースにした新製品の開発も進めております。詳細が決まり次第、当サイトやメルマガ、SNS等でご案内致します。

Q2:きっかけとなった、イヤホン組立体験会について教えてください。

A: 組立体験会用に特別に用意したモデルのパーツをお渡しして、お客様がイヤホンの組立をしながらイヤホンの構造などを学んでいただく頂くイベントです。2011年にオーディオ協会主催音展にて初のイヤホン組立体験会を開始して以来、大好評をいただき、7年間で30回以上開催し、海外も含めますと、延べ5000人以上を動員してきました。元々はイヤホンの組立がメインのイベントでしたが、フィルター等のパーツを使った音のチューニング方法をお伝えしたところ、自分好みの音を作れることが好評となり話題を呼び、チューニングに注力したイベントへと進化していきました。

MAKEシリーズについて

Q1:Makuakeで目標金額を達成しましたが、今後商品化しますか?

A: 多くのご支援をいただき、ありがとうございました。MAKE1、MAKE2、MAKE3共に、年内の商品化を予定しております。また、Makeシリーズをベースにした新製品の開発も進めております。詳細が決まり次第、当サイトやメルマガ、SNS等でご案内致します。

Q2:きっかけとなった、イヤホン組立体験会について教えてください。

A: 組立体験会用に特別に用意したモデルのパーツをお渡しして、お客様がイヤホンの組立をしながらイヤホンの構造などを学んでいただく頂くイベントです。2011年にオーディオ協会主催音展にて初のイヤホン組立体験会を開始して以来、大好評をいただき、7年間で30回以上開催し、海外も含めますと、延べ5000人以上を動員してきました。元々はイヤホンの組立がメインのイベントでしたが、フィルター等のパーツを使った音のチューニング方法をお伝えしたところ、自分好みの音を作れることが好評となり話題を呼び、チューニングに注力したイベントへと進化していきました。

Q3: いい音って?

A: 「いい音」には2つの意味があるとfinalは考えます。1つは学問的に「正確な音」です。どのような音がどう聴こえるのかということは、音響工学や音響心理学で日々研究されていますし、私たちも最新の研究結果を製品に活かせるよう実証実験を積み重ねています。もう1つは自分にとっての「いい音」です。ここは自分が感じる部分ですので、是非makeシリーズで、いい音をトコトン探してみてください。

Q4: 音の広がりって?奥行きって?

A: 一般的には「音場」(おんじょう/おんば)と呼ばれるもので、低域から高域までバランス良く再生されていると、広がりのある音に聴こえます。また、低域の量が多すぎると、他の帯域がマスクされ、音場が狭く聴こえます。

Q5: バランスドアーマチュア型ドライバーって?ダイナミック型ドライバーって?

A: バランスドアーマチュア型ドライバー:固定されたコイルの間に生じる鉄片の振動をドライブロッドを通じて振動板へ伝達し、音が放射されます。

ダイナミック型ドライバー:通常よく見るダイナミック型スピーカーと同様の形式。磁界内のコイルに音声信号を流すと、コイルに駆動力が発生。振動板が空気を動かし、音が放射されます。

Q6: MAKE1、MAKE2、MAKE3の違いは?

A: 以下のURLから比較表をご参照ください。3機種共に形状は同じですが、ドライバー構成、筐体の表面仕上げ、ケーブル、音質選択可能数が異なります。

Q7: MAKE1、MAKE2、MAKE3の音の違いは?おすすめジャンルは?

A: MAKE1は、バランスドアーマチュア型ドライバー特有の高い解像度に加え、全体にナチュラルな音質設計を施すことによって、クリアで広がりのあるサウンドを実現。音質にこだわりをお持ちの方に、是非お薦めしたいモデルです。 MAKE2は、バランスドアーマチュア型の美しく響く中高音と、ダイナミック型の迫力のある低音をfinal独自のチューニングで融合させた躍動感のあるサウンドを実現。ロックや電子楽器の低音の心地良さを味わえるモデルです。 MAKE3は、全帯域を1つのドライバーでカバーするフルレンジ構成だからこその、自然で広がりのあるサウンドを実現。高い水準でのベーシックを徹底的に追求したモデルです。

MAKEシリーズについて

Q1:Makuakeで目標金額を達成しましたが、今後商品化しますか?

A: 多くのご支援をいただき、ありがとうございました。MAKE1、MAKE2、MAKE3共に、年内の商品化を予定しております。また、Makeシリーズをベースにした新製品の開発も進めております。詳細が決まり次第、当サイトやメルマガ、SNS等でご案内致します。

Q2:きっかけとなった、イヤホン組立体験会について教えてください。

A: 組立体験会用に特別に用意したモデルのパーツをお渡しして、お客様がイヤホンの組立をしながらイヤホンの構造などを学んでいただく頂くイベントです。2011年にオーディオ協会主催音展にて初のイヤホン組立体験会を開始して以来、大好評をいただき、7年間で30回以上開催し、海外も含めますと、延べ5000人以上を動員してきました。元々はイヤホンの組立がメインのイベントでしたが、フィルター等のパーツを使った音のチューニング方法をお伝えしたところ、自分好みの音を作れることが好評となり話題を呼び、チューニングに注力したイベントへと進化していきました。

Q3: いい音って?

A: 「いい音」には2つの意味があるとfinalは考えます。1つは学問的に「正確な音」です。どのような音がどう聴こえるのかということは、音響工学や音響心理学で日々研究されていますし、私たちも最新の研究結果を製品に活かせるよう実証実験を積み重ねています。もう1つは自分にとっての「いい音」です。ここは自分が感じる部分ですので、是非makeシリーズで、いい音をトコトン探してみてください。

Q4: 音の広がりって?奥行きって?

A: 一般的には「音場」(おんじょう/おんば)と呼ばれるもので、低域から高域までバランス良く再生されていると、広がりのある音に聴こえます。また、低域の量が多すぎると、他の帯域がマスクされ、音場が狭く聴こえます。

Q5: バランスドアーマチュア型ドライバーって?ダイナミック型ドライバーって?

A: バランスドアーマチュア型ドライバー:固定されたコイルの間に生じる鉄片の振動をドライブロッドを通じて振動板へ伝達し、音が放射されます。

ダイナミック型ドライバー:通常よく見るダイナミック型スピーカーと同様の形式。磁界内のコイルに音声信号を流すと、コイルに駆動力が発生。振動板が空気を動かし、音が放射されます。

Q6: MAKE1、MAKE2、MAKE3の違いは?

A: 以下のURLから比較表をご参照ください。3機種共に形状は同じですが、ドライバー構成、筐体の表面仕上げ、ケーブル、音質選択可能数が異なります。

Q7: MAKE1、MAKE2、MAKE3の音の違いは?おすすめジャンルは?

A: MAKE1は、バランスドアーマチュア型ドライバー特有の高い解像度に加え、全体にナチュラルな音質設計を施すことによって、クリアで広がりのあるサウンドを実現。音質にこだわりをお持ちの方に、是非お薦めしたいモデルです。 MAKE2は、バランスドアーマチュア型の美しく響く中高音と、ダイナミック型の迫力のある低音をfinal独自のチューニングで融合させた躍動感のあるサウンドを実現。ロックや電子楽器の低音の心地良さを味わえるモデルです。 MAKE3は、全帯域を1つのドライバーでカバーするフルレンジ構成だからこその、自然で広がりのあるサウンドを実現。高い水準でのベーシックを徹底的に追求したモデルです。

MAKEシリーズについて

Q1:Makuakeで目標金額を達成しましたが、今後商品化しますか?

A: 多くのご支援をいただき、ありがとうございました。MAKE1、MAKE2、MAKE3共に、年内の商品化を予定しております。また、Makeシリーズをベースにした新製品の開発も進めております。詳細が決まり次第、当サイトやメルマガ、SNS等でご案内致します。

Q2:きっかけとなった、イヤホン組立体験会について教えてください。

A: 組立体験会用に特別に用意したモデルのパーツをお渡しして、お客様がイヤホンの組立をしながらイヤホンの構造などを学んでいただく頂くイベントです。2011年にオーディオ協会主催音展にて初のイヤホン組立体験会を開始して以来、大好評をいただき、7年間で30回以上開催し、海外も含めますと、延べ5000人以上を動員してきました。元々はイヤホンの組立がメインのイベントでしたが、フィルター等のパーツを使った音のチューニング方法をお伝えしたところ、自分好みの音を作れることが好評となり話題を呼び、チューニングに注力したイベントへと進化していきました。

Q3: いい音って?

A: 「いい音」には2つの意味があるとfinalは考えます。1つは学問的に「正確な音」です。どのような音がどう聴こえるのかということは、音響工学や音響心理学で日々研究されていますし、私たちも最新の研究結果を製品に活かせるよう実証実験を積み重ねています。もう1つは自分にとっての「いい音」です。ここは自分が感じる部分ですので、是非makeシリーズで、いい音をトコトン探してみてください。

Q4: 音の広がりって?奥行きって?

A: 一般的には「音場」(おんじょう/おんば)と呼ばれるもので、低域から高域までバランス良く再生されていると、広がりのある音に聴こえます。また、低域の量が多すぎると、他の帯域がマスクされ、音場が狭く聴こえます。

Q5: バランスドアーマチュア型ドライバーって?ダイナミック型ドライバーって?

A: バランスドアーマチュア型ドライバー:固定されたコイルの間に生じる鉄片の振動をドライブロッドを通じて振動板へ伝達し、音が放射されます。

ダイナミック型ドライバー:通常よく見るダイナミック型スピーカーと同様の形式。磁界内のコイルに音声信号を流すと、コイルに駆動力が発生。振動板が空気を動かし、音が放射されます。

Q6: MAKE1、MAKE2、MAKE3の違いは?

A: 以下のURLから比較表をご参照ください。3機種共に形状は同じですが、ドライバー構成、筐体の表面仕上げ、ケーブル、音質選択可能数が異なります。

Q7: MAKE1、MAKE2、MAKE3の音の違いは?おすすめジャンルは?

A: MAKE1は、バランスドアーマチュア型ドライバー特有の高い解像度に加え、全体にナチュラルな音質設計を施すことによって、クリアで広がりのあるサウンドを実現。音質にこだわりをお持ちの方に、是非お薦めしたいモデルです。 MAKE2は、バランスドアーマチュア型の美しく響く中高音と、ダイナミック型の迫力のある低音をfinal独自のチューニングで融合させた躍動感のあるサウンドを実現。ロックや電子楽器の低音の心地良さを味わえるモデルです。 MAKE3は、全帯域を1つのドライバーでカバーするフルレンジ構成だからこその、自然で広がりのあるサウンドを実現。高い水準でのベーシックを徹底的に追求したモデルです。

MAKEのスペックについて

Q1: 重量は?

A:MAKE1は39g、MAKE2は34g、MAKE3は34gです。

Q2:ケーブル長は?

A:MAKE1、MAKE2、MAKE3共に1.2mです。

Q3:イヤーピースの軸径は?

A:軸の全長4mm、直径5.5Φの部分が2mm、直径4.5Φの部分が2mmです。

Q4: リケーブル可能ですか?

A: 一般的には「音場」(おんじょう/おんば)と呼ばれるもので、低域から高域までバランス良く再生されていると、広がりのある音に聴こえます。また、低域の量が多すぎると、他の帯域がマスクされ、音場が狭く聴こえます。

Q5:Bluetooth対応ですか?

A:Bluetoothには対応しておりません。MMCX対応のワイヤードイヤホンになりますので、他社で販売されているMMCX型Bluetoothケーブルをご購入頂くことで対応も可能です。

Q6: 互換性のある他社のMMCXケーブルは?

A:MMCXコネクターは厳密には各社で寸法に違いがございます。その為、互換性については現物で確認する必要があり、申し訳ございませんが、現時点で弊社として他社のケーブルに言及する事は難しいです。

Q7:使用しているダイナミック型ドライバーはEシリーズと同じですか?

A: Eシリーズとは基本設計は同じですが、仕様が異なります

Q8: MAKE1用ケーブルは、LAB用ケーブルと同じですか?

A:Make1のケーブルはLAB2用のケーブルと同じものではありません。ブッシュ部分の素材・形状が異なります。しかし、互換性のあるMMCXコネクターを使用しておりますので、外観の統一性をあまり気にしなければ、LAB2用のケーブルをMakeにご使用いただくことは可能です。

Q9:ハイレゾ対応していますか?

A:Makeシリーズは3機種共にハイレゾに対応する再生周波数帯域とされる40KHzまで再生可能なドライバーユニットを使用しておりますので、ハイレゾに対応していると言えます。 ただ、ハイレゾに対応していること、40kHzまでの再生が可能であることだけで音質を評価すべきでないと考えます。 また、音を調整する為に使用頂くフィルターによっては、高域が減衰し、40KHzまでの再生ができない場合があります。

Q10: 防水対応していますか?

A:防水対応にするためには、音道管内に防水フィルターを設けねばならず、音質の劣化が避けられない為、本製品は防水対応ではございません。水や汗で濡れてしまった場合は、速やかに乾いた布で丁寧に拭き取って下さい。

Q11: 特殊なネジですが何という種類ですか?また、ネジのサイズを教えてください。

A:トルクスネジです。ネジのサイズはM1.7、長さは5mmです。

Q12:筐体の素材はなんですか?

A:MAKE1、MAKE2、MAKE3共に、ステンレス素材です。

Q13:ケーブルの線材を教えてください

A:MAKE1はOFCシルバーコートケーブル、MAKE2、3はOFCケーブルです。

Q14:コンプライを使っているのですが、合うサイズをおしえてください。

A:200サイズです。

MAKEのチューニングについて

Q1:チューニングのやり方は?

A:各製品ページのHOW TOチューニング欄をご参照ください。

MAKE 1 HOW TOチューニング
https://final-inc.com/products/MAKE1-jp

MAKE 2 HOW TOチューニング
http://final-inc.com/products/MAKE2-jp

Q2:チューニング方法の説明は直接受けられますか?。

A:申し訳ございませんが直接の説明は行っておりません。ご不明点がございましたら、CONTACTページの問い合わせフォームよりお問い合わせをお願いします。

Q3:音質面で好ましいフォルターの天然素材って?

A: シルクや綿といったものが代表的です。カビや腐食の恐れがありますので、自己責任でご使用いただき、お取り扱いにはご注意ください。

Q4: 音質選択可能数とは?

A: 本体を開け、音を調整するフィルターを交換するだけで音を作る事ができる仕組みとなっています。フィルターを交換する箇所は複数あり、また、フィルターは密度の異なる複数の種類を用意していますので、その組み合わせにより、Make1は77通り、Make2,3は847通り以上の音を作ることができます。

Q5:ネジをどの程度締めれば良いかがわからないのですが。

A:2箇所のネジを適度に締めるだけで、本体内の密閉が最適化されるように設計してあります。付属のドライバーのシリコンリング部を持ち、ネジが止まるまで適度に締め付ける程度で十分です。力を加えすぎると、ネジの損傷の原因になりますのでご注意下さい。

Q6:フィルターを自分で作ろうと思うのですが、ポンチはどのサイズを使えばいいですか?フィルターの直径が知りたいです。

A:フィルターを自分で作ろうと思うのですが、ポンチはどのサイズを使えばいいですか?フィルターの直径が知りたいです。

Q7:左右差があるのですがどうすればよいでしょうか?

A:音量、音圧のレベルを合わせたドライバーを使っておりますので、スポンジの入れ方、フィルターの貼り方のわずかななずれで変わってきてしまいますのでもう一度やり直してみてください。

MAKEのメンテナンスについて

Q1:イヤーピースのメンテナンス方法は?

イヤーピースは汗や皮脂により、はずれやすくなる場合があります。ご使用後、イヤーピースを外して、音導管の外側(イヤーピースの軸が接する部分)とイヤーピースを柔らかい布での乾拭きか、少し水に濡らした布で軽く拭いてください。 また、イヤピースは消耗品で、日数が経つごとに、徐々に取れやすくなります。イヤーピースが外れやすくなった際には早めの交換をお願いします。

Q2:筐体のメンテナンス方法は?

A: 水で軽く湿らせたやわらかい乾いた布で優しく拭いてください。 市販の金属磨き用として販売されているクリーニングクロスには、研磨剤が含まれている事が多くあります。そうしたクロスで製品を拭くと、表面が変質する可能性が高いため、ご使用をお控えください。 また、アルコール入りのウエットティッシュのご使用はお控えください。ノンアルコールのウエットティッシュも様々な添加剤が入っている可能性がありますのでご使用をお控えください。

Q3:ケーブルのメンテナンス方法は?

A:ケーブルは様々な化学物質、特に皮脂と反応し、硬化する場合がございます。製品使用後は、ケーブルを水で軽く湿らせた柔らかい布で拭いて下さい。硬化の原因となりますので、アルコール入りのウエットティッシュのご使用をお控えください。ノンアルコールのウエットティッシュも様々な添加剤が入っている可能性がありますのでご使用をお控えください。

MAKEの装着方法について

Q1:イヤーピースの取り外し方は?

<外し方> イヤーピースを親指と人差し指で掴み、軽くひねる様に優しく引張ると簡単に外れます。

<付け方> イヤーピースを掴んで、音導管に対してイヤーピースの軸を少し傾けて音導管に押し付けるようにして音導管に装着してください。

Q2:イヤーフックの付け方は?

A:イヤーフックの付け方は?

Q3:ケーブルの着脱方法は?

A: <外し方>
筐体側のプラグ(Make1:金属部分、Make2/3:樹脂部分)を掴み、ケーブルを筐体から抜いてください。
*注意点 ・接続端子の破損を防ぐ為、まっすぐに引っ張ってください。
・断線の原因になりますのでケーブルを引っ張らず、必ず筐体側のプラグ(金属部分)を掴んで引っ張ってください。
・接続端子は頻繁な抜き差しを想定したものではございません。着脱を繰り返すと、?端子の摩耗や破損による?接触不良を引き起こす事がございますので、不必要な着脱はお控えください。

<付け方> MMCXの根元を掴み、筐体側のプラグ(Make1:金属部分、Make2/3:樹脂部分)部にまっすぐ挿入し、カチッと音がするまで押してください。
*注意点
・接続端子の破損を防ぐ為、まっすぐに挿入してください
・強い力は加えないでください
・LRに注意してください

Q4: シリコンケースの使い方は?

A: 収納方法の動画を参照ください。

MAKEの保証・アフターサービスについて

Q1:保証について教えてください

お届け日より1年間のメーカー保証となります。設計及び製造に起因する不良の場合は、無償にて修理致します。 チューニングキットという商品の特性上、お客様の作業のミスによる故障かどうかは、判断することが難しい為、一旦サポートセンターへお送りいただいて、症状を確認し、結果をご連絡いたします。
また、メーカー保証が終わってからも、有償にはなってしまいますが修理・交換対応させて頂きます。
※検査の結果、修理が難しい症状の場合は、新品交換となる場合もございます。
※落下による故障や、自然災害による故障、ケーブルに無理な力がかかるような状況下で起こった故障は保証対象となりません。

Q2:修理申し込み方法は?

A:以下CONTACTページの「修理・交換」箇所をご確認頂き、修理をお申し込みくださいませ。

Q3: 配線が外れてしまったのですが

修理が必要ですので、以下の「修理・サポート」ページをご確認いただき、お申し込みをお願いいたします。

Q4: ネジを失くしてしまったのですが

A: 専用のネジを使用してください。下記商品ページにて販売しておりますので、ご購入ください。

Q5:有償修理の場合、おおよそどのくらいの費用が掛かりますか。

A: 例えば断線修理の場合は、製品代金の2割-3割程度となる見込みです。
修理が難しく、新品交換の場合は、製品代金の3割-5割程度となる見込みです。
修理内容によって異なります。

Q6:ピンセット、ドライバー、アコースティック治具の追加購入はできますか?

A:下記のボタンのMAKEチューニングパーツ一覧ページにて販売しておりますので、ご購入ください。

Q7:フィルター追加購入はできますか?

A:下記のボタンのMAKEチューニングパーツ一覧ページにて販売しておりますので、ご購入ください。

Q8:同梱のフィルター以外を購入できますか?

A:上級者用のフィルターを用意しています。下記のボタンのMAKEチューニングフィルターC 製品ページにて販売しておりますので、ご購入ください。

MAKEのに関するその他のFAQ

Q1:2.5mmバランスケーブル版が欲しいのですが。

A:2.5mmバランスケーブルを標準装備した製品の販売の予定はございませんが、別途、2.5mmバランスケーブルを単品販売する予定です。詳細が決まり次第、当サイトやメルマガ、SNS等でご案内致します。

Q2:エージングで音が変わるのでしょうか?

A: エージングとは、ある一定の時間、使用を続ける事で音に変化をもたらす現象のことです。音を出すドライバーユニットは、熱で成形した極めて薄いフィルムが振動する事で音を出してます。その原因は明確ではありませんが、フィルムが成形される際に加わったストレスや接着剤によるストレスが、使用を続けている間に馴染み、微小信号の際動きやすくなるのではないかと考えられます。靴に例えると、履き始めは固く動きにくいですが、長く使っていくうちに、皺ができて馴染んでいき、動きやすくなるのと同様の現象だと考えています。本製品については、小口径であるため、エージングの変化がわかりにくくなるまでには長めの時間が必要です。 概ね150~200時間程度、通常の使い方をして頂けましたら、繊細さが増し、本来の設計意図の音質になります。

*エージングにより、音質が良くなるという原因を明確に特定できていないため、今までエージングについて明示することはありませんでした。現象は以前より確認しており、またお客様からエージングについてのご質問を多く頂くため、見解を述べることにいたしました。